ブーツ マップ メール 並び替え 絞り込み 閉じる 戻る ホーム メニュー プレゼント 交換 トラック ペン DATE 紙飛行機 検索 お気に入り ハート アカウント 時計 ログアウト バッグ ? MONEY カード facebook facebook twitter Instagram LINE Google+
0

歩きやすい靴、履き心地の良い靴は
ソール(靴底)がポイント|ドクターマーチン

歩きやすい靴、履き心地の良い靴はソール(靴底)がポイント|ドクターマーチン

新しい靴を買うとき、まず気になるのはデザインですが、次いで譲れないのが履き心地や歩きやすさでしょう。
ドクターマーチンの靴の多くは、独自の技術である「エアクッションソール」を採用しており快適な歩行と履き心地がポイントです。
今回は、エアクッションソールの特徴や、ドクターマーチンの靴の履き心地についてご紹介します。

ドクターマーチンとエアクッションソールの歴史

ドクターマーチンとエアクッションソールの歴史は、クラウス・マルテンス(クラウス・マーチン)という一人の博士から始まりました。

1945年、かつて軍医として兵役に従事していたマルテンス博士が、敗戦後のドイツ・ミュンヘンに残っていた靴修理屋で廃材を利用し、自らの負傷した足の負担を和らげようとユニークな靴底を開発しました。それが「エアクッションソール」です。

マルテンス博士は、機械工学に詳しい大学時代の友人、ヘルベルト・フンク博士にオリジナルソールを披露。フンク博士はこの発明品に感激し、ふたりはパートナーシップを締結。使用されなくなった軍事用品を原材料として用い、オリジナルシューズの生産を始めました。

そして1960年4月1日、耐久性のあるワークブーツを作るイギリスの老舗「R.グリッグス社」と技術提携を結び、ドクターマーチンのファーストモデル「1460 8ホールブーツ」が誕生。エアクッションソールは「Air Wair」と名付けられ 、「弾む履き心地のソール」の謳い文句を掲げて世に登場しました。

エアクッションソールの機能性

エアクッションソールは、ソール内に小さく仕切った格子状の空間を設け、ここに空気を密封することで出来上がります。

密封された空気の層がクッションとなって、歩行時の衝撃をスムーズに吸収。ブーツと言えば頑強で硬いイメージがありますが、ドクターマーチンのブーツやシューズは、まさに弾むような履き心地を実現しています。

疲れにくく歩きやすいソールだから、
ドクターマーチンはこんなシーンにも活躍

エアクッションソールを搭載したドクターマーチンのシューズは、シーンを問わずに活躍してくれます。

ビジネスシーン(外回り)

ドクターマーチンのシューズは総じてファッション性が高いことから、ビジネスシーンでの着用を考える人はあまり多くないかもしれません。しかし、エアクッションソールがもたらす履き心地のよさをビジネスの場で使わないのは、あまりにもったいないでしょう。

営業職をはじめ、取引先を歩き回る人にとって、ビジネスシューズの履き心地はとても大切な要素です。着用頻度を考えれば、仕事中に履く靴は、私服以上に歩きやすさを重視したいところです。

例えばエアクッションソールを搭載した「ADRIAN タッセルローファー」なら、ビジネスシーンでも違和感はありません。履き心地が固いことも多い一般的なローファーとは違い、長時間の着用でも足が疲れにくいだけでなく、アッパーもソールも堅牢ですから簡単にへたれることはありません。

汎用性が高い「1461 3ホールシューズ」もおすすめです。特に最近では「ビジカジ」と呼ばれるビジネスカジュアルスタイルも浸透してきました。とはいえ、足元の身だしなみが大切なことには変わりありません。「1461 3ホールシューズ」ならカジュアル過ぎず、ドレス感もあるので、ビジカジスタイルにもぴったりです。

ビジネスシーン(立ち仕事)

立ち仕事でも同じことがいえます。外回りに比べ、歩行自体は少なくとも、立ち仕事による疲労度は、履く靴によってまるで異なります。特にソールのクッション性やグリップ力の高さは、かなり足腰に影響を与えるのです。

もともとドクターマーチンの靴は、その堅牢度と履き心地のよさでイギリスの労働者たちが履くワークブーツとして高い支持を得ていました。今もファッション性の追求だけでなく、さまざまな現場のニーズに対応したインダストリアルシューズの開発を続けています。

ドクターマーチンのスリップレジスタント、通気性、快適な履き心地に焦点を当てて開発されたコレクションの数々は、 例え1日中履いていてもストレスを感じません。まさに立ち仕事に向いた、労働者の味方にもなるフットウェアなのです。

旅行シーン

歩き疲れる場面の最たる例は、やはり観光スポットをあちこち歩き回る「旅行」ではないでしょうか。

旅行に履いていくなら歩きやすく疲れにくい、そして幅広いコーディネートに合うシューズが理想です。

ドクターマーチンの「エアクッションソール」は衝撃の吸収力や柔軟性、グリップ力に優れ、長距離の歩行でも足が疲れにくいよう、しっかりサポートしてくれます。

また旅行は、その目的によって着ていく服も様々ですが、ドクターマーチンのシューズはどんなコーディネートにも幅広く対応するので、高い機能性に加え、デザイン的な意味でも旅行で重宝するはずです。

旅行に履いていく靴は、合わせやすさと歩きやすさで選ぶ|ドクターマーチン

厚底ソールでも履きやすい
ドクターマーチン

最近は再び厚底ブーツが流行の兆しを見せています。しかし、ソールが厚すぎて不安定だったり、歩行時にソールがまったく曲がらなかったりするものも多く、「厚底ブーツには歩きにくさがつきもの」という考えが一般的です。

ドクターマーチンの「JADON 8ホールブーツ」は、同じ厚底ソールでも「エアクッションソール」のおかげでクッション性も高く、柔らかな履き心地と歩きやすさを感じることができます。滑らかなスムースレザーも足によく馴染み、見た目からは想像できないほど軽快なフィット感が得られます。

また、シューレースで足首をしっかり固定すれば高さのあるブーツでも安定感が出ますし、内側に取り付けられたサイドジップでスムーズな着脱ができるのもうれしいポイントです。

歩きやすい靴、履き心地の良い靴はソール(靴底)がポイント|ドクターマーチン TOPへ
10%OFF クーポンプレゼント! 2021.4.25まで
4/25まで!!
メルマガ登録で
10%OFFクーポンプレゼント
※4/11発売のSupremeコラボは
完売いたしました。