ブーツ マップ メール 並び替え 絞り込み 閉じる 戻る ホーム メニュー プレゼント 交換 トラック ペン DATE 紙飛行機 検索 お気に入り ハート アカウント 時計 ログアウト バッグ ? MONEY カード facebook facebook twitter Instagram LINE Google+ ブーツ マップ メール 並び替え 絞り込み 閉じる 戻る ホーム メニュー プレゼント 交換 トラック ペン DATE 紙飛行機 検索 お気に入り ハート アカウント 時計 ログアウト バッグ ? MONEY カード facebook facebook twitter Instagram LINE Google+
0

InterFM897 TOUGH AS YOU放送後記 07

InterFM897 TOUGH AS YOU放送後記 07
InterFM987 Dr.Martens presents Tough As You 放送後記

「Dr.Martens presents Tough As You」は、Dr.Martensを履く人たちが自身が困難に立ち向かった経験を伝えることで同じように困難を抱える人たちに立ち向かう勇気を与えていくというスピリットを発信していく、3か月期間限定のプログラム。

10/18(金)
番組名:Dr.Martens presents Tough As You
DJ:ジョー横溝
ゲスト:Survive Said The Prophet
放送日時:22:48-22:58
今月はSurvive Said The Prophetをゲストにお迎えします。

■着実に、見えないところでコツコツと。それが逆境を乗り越える秘訣

ジョー横溝(以下ジョー):今月のゲストはSurvive Said The Prophet、今週はボーカルのYOSHさんとドラムのShowさんに来て頂きました。こんばんは。よろしくお願いします。



YOSH・Show:よろしくお願いします。

ジョー:今週YOSHさんとShowさんに聞きたいのは「逆境エピソード」です。誰でもバンドマンだったらあると思うんですけど、金がないとか。

Show:金はないですよね。

ジョー:その辺のエピソードとか、サバプロはデビュー当時どんな逆境を経たのか。

Show:炊飯器はコストコで買ってカップ麺1ダースで100円くらいのやつお湯沸かしで食べたりとか。当たり前にやってましたよね。

YOSH:僕らのツアーの間に先輩方に呼ばれて、楽屋に弁当が用意されてた時の嬉しさは半端なかったよね。

Show:弁当?あれスタッフさんが食べるやつでしょ、俺ら食べちゃダメだよね、みたいな。

YOSH:あれ残ってんだよね。最後、言わずに持って帰ってたけど2つくらい残ってたんですよね、それがなんか持って帰りたいみたいな。これ2つ食べていいんだみたいな。やべぇありがとうございますみたいなね。

ジョー:やっぱり弁当は持って帰る基本ですよね。

YOSH:そうですね。普通に未だに考えますもん。

ジョー:その大変な期間ってどれくらい続いたの?バンドとしては、

Show:バンドとしてはすごい続いた、3、4年とか。もっとか。5年くらい。

YOSH:そうだね。長かったね。

ジョー:結構長かったね。

Show:僕は後からの入りなんでそのうちの2年くらいは欠けてるんですけど、でも最近ですよ、困らなくなってきたのは。

ジョー:生々しいね。

YOSH:すっげぇストレートに言うなと思って。

Show:でもやっぱ、伝えないとね、逆境を。



ジョー:素晴らしい逆境エピソードだと思いますけど、でもこれ逆境を越えたなって瞬間あるの?

Show:一つ抜けたところはあったのかな、タイミング的に。そうでもないのかな、わかんない。そうでもなさそうですね。

YOSH:でもそれをどう捉えるかだと思うんですよね。お弁当とホテルがあるからもう来たぞって止まる人もいれば、1年間ツアーして今お金もらってること忘れちゃってる人とかいろんなスタイルと思うんですよ。やっぱりどこを目的地として何をやってるかってのが誰でも重要なんじゃないかなって。

Show:そうだね。常にアップデートはしないといけないかなって。

ジョー:でも3、4年続いてる中でもう辞めちゃおうとか、そういうのはなかったの?

YOSH:1000000回くらいありましたね。

Show:毎日言ってたよね。

YOSH:毎日僕は基本的に朝起きて辞めたい、寝る前も辞めたいみたいな。

ジョー:そうなんだ。それでも続けられたのはなんだったの?

YOSH:音楽が好きなんですよね、たぶん。

Show:結局そこに戻るっていうね。

YOSH:仕事辞めたいのに辞めないのってお金が好きだからってシンプルな見方もあるんですけど、その仕事によって1日8時間過ごす中で、「この10分のためだけに行く」ってやつもあると思うんです。それが休憩中の人間関係かもしれないし意外とデータ入れるの嫌いじゃなかったり、とかっていうところから入り口を見つけていくってあると思うんですよね。僕らはたまたま5人ともすごいラッキーで、音楽っていう諦められないところを中心に置いてて。僕らの周りの人とかも親とかも友達とかもくるマネージャーとかもその時間と共にもっとやってみようもっとやってみようっていう波が大きくなっていったっていう、サラリーマンのサクセスストーリーみたいな感じなんですよね。だからびっくりするとかびっくりしないとかっていう話よりも、今の時代は明日有名になるっていうYouTubeの時代じゃなくて、そもそも毎日コツコツ頑張って見えないところで頑張ってるやつらが一番かっこいいんだよっていう。それをバンドマンが言う時代になったんだよっていうところがこの逆境サクセスストーリーの着地点というか。

Show:一歩一歩着実に進んでいかないと、急に飛び級しても身になるものって少ないんですよね。

ジョー:いい話を聞かせてもらいましたよ。おじさん救われたような気持ちになっちゃったよ。ありがとう2人。この時間はSurvive Said The Prophet、ボーカルのYOSHさん、ドラムのShowさんをお迎えしました。ありがとうございました。

YOSH・Show:ありがとうございました。






お知らせ一覧へ戻る
InterFM897 TOUGH AS YOU放送後記 07 TOPへ