ブーツ マップ メール 並び替え 絞り込み 閉じる 戻る ホーム メニュー プレゼント 交換 トラック ペン DATE 紙飛行機 検索 お気に入り ハート アカウント 時計 ログアウト バッグ ? MONEY カード facebook facebook twitter Instagram LINE Google+
0

エンジニア イン ウォラストン -
DM フットウェアの技術者ジェマ・
ルイーズ・アトキンスへのインタビュー

鈴木大器氏率いるブランドENGINEERED GARMENTSとのコラボレーションを発表、MADE IN ENGLANDの「1461」3ホールシューズ2型を発売。今回のコラボレーションでは、ワークウェアの再構築と“オーバーエンジニアリング”によるディテールへのこだわりを、2つの「1461」3ホールシューズに反映させました。

エンジニア イン ウォラストン - DM フットウェアの技術者ジェマ・ルイーズ・アトキンスへのインタビュー

鈴木大器氏率いるブランドENGINEERED GARMENTSとのコラボレーションを発表、MADE IN ENGLANDの「1461」3ホールシューズ2型を発売。今回のコラボレーションでは、ワークウェアの再構築と“オーバーエンジニアリング”によるディテールへのこだわりを、2つの「1461」3ホールシューズに反映させました。

何世代にもわたり受け継がれ、土地に根ざしたものづくりの伝統や技術に対する情熱が、Dr. MartensとEngineered Garmentsを引き寄せ、コラボレーションを実現させました。 Nepenthes (ネペンテス) のニューヨーク支社の創設者である鈴木大器は、伝統的な技術から独自の優れた作品を生み出し、大量生産が進む衣料品業界と対立するブランドの信条を表明しています。自称「古着アーキビスト」の鈴木は、何十年もかけて世界中を旅して、伝説の服のアーカイブを作り、お気に入りの地域の特産品の地図まで作っています。何年も前に古着屋でボロボロのDM'sシューズを発見してから、今ではノーサンプトンシャーの上に小さな点でマーキングがされているそうです。

Dr. Martensの靴は、その独特の製造工程で有名です。その製造工程と生産ラインは、60年以上にわたってほとんど変わることがありません。新しい素材、革新的な技術、コラボレーションがウォラストンから次々と生まれても、ブーツとブランドが築かれるのは、アウトソールに施された正確な数の黄色いステッチと溝という基本的な伝統なのです。

毎年、何万足もの新しい靴が生産ラインから出荷され、その一つ一つが工場の小さな作業員チームによって裁断、成形、ウェルト加工、縫製されます。未来の世代の情熱と技術がなければ、この伝統的な方法は途絶えてしまうでしょう。 Dr. Martensのフットウェアの技術者ジェマ・ルイーズ・アトキンスにとって、この選ばれたグループに属していることは誇りなのです。

3年前に工場実習生としてDM社に入社したジェマは、その努力とはつらつとした態度で、生産ラインの中心的な存在として活躍するようになりました: 「今の自分があるのは、いろいろなことに挑戦してきたから」。工場は、彼女が靴を作るのと同じくらい、彼女の技術を磨き上げました。彼女の手仕事は、今では店頭で"自分が作った靴"を見分けられるほど精巧なものになっています。

「私の好きなことのひとつは、店頭のMIEコーナーに行って、何が私のだろうと考えてみることです。しばらくすると、普通の人が見向きもしないような、それぞれの人の小さな違いがいろいろと見えてくるんです。私の場合は、靴の履き始めと履き終わりの位置、そしてトリミングの具合です。自分たちが作ったものに、自分たちらしさを少しでも残せたらいいなと思います。」

機械化が進む業界において、伝統的な技術を守ることはこれまで以上に重要だとジェマは考えています。「長年にわたって技術について多くのことが学ばれ、その結果、私たちの代わりに仕事をする機械が作られるようになりました。しかし、ハンドクラフトマンシップは、長い間受け継がれてきた技術を使うことで、人間の能力を示してくれるのです。」

Engineered Garmentsとの5回目のコラボレーションのために、鈴木氏がノーサンプトンシャーに戻ったのは、ジェマのような人たちがいたからです。新しいコレクションについて、彼はこう語っています。「「ドクターマーチンで働く人々、そしてドクターマーチンを履く人々が、私にクラシックシューズを作り直したいと思わせてくれたのです」。この2つのシューズは、その昔、鈴木氏が初めて見つけたドクターマーチンのシューズにインスパイアされたもので、ローカルの伝統的な職人技術と、それを受け継ぐジェマのような人々への賛辞が込められています。